震災復興事業と建築・土木のプロフェッショナル株式会社アルファー建設

災害復旧ストーリー

東北とアルファー建設の復旧工事でまちを元気にする3つの物語です。

episode3 気仙沼漁港鹿折地区水産加工施設等集積地用地造成工事

工期:2013年7月26日〜2014年5月30日

津波で失われた水産加工会社の礎を

現場の惨状は聞いていましたが、現地入りした時、私たちの前には
工区一面、建物の基礎部分しか残っておらず、また、当時現場近くには
津波によって打ち上げられた大型船「第18共徳丸」もあったため津波の
恐ろしさをひしひしと感じました。
当初は手を合わせることが精一杯だった私たちの心も、現場復興の計画が
進むとともに意識が高まり、スタッフ一丸となって工事にあたることが
できました。

宅地嵩上工事完了、本当の復興がはじまります

この現場は、後に水産加工会社を建築するための港です。船が入り、
魚を下ろし、加工する。現地の人々の生活を助ける第一歩の工事です。
文字通りその基礎の復旧に携わることができ、私たちも感無量です。
いち早く、現地の方々が元気に働く姿を見たいと、スタッフ一同その日を心待ちにしています。

その他の特集を見る

  • 企業理念
  • 東北でのマリーナ事業
  • 東北への想い、宮城への愛。
  • 復興への志
  • 災害復旧STORY
  • 僕らの技術を海外へ
  • 東南アジアの護岸事業